blog_

ngkz_のブログです。

「娘欲しい」メイキング的なもの

webnokusoyaroさんの「娘欲しい」という楽曲のMVを担当いたしました。 

 

f:id:ngkz:20180331010555p:plain 演出について

webnokusoyaroさんから本作のご依頼を受けた際に、曲に込めた意図など直接お話いただく機会がありました。ここでは詳細について明記しませんが、その話を伺ったことで、私は第一印象より非常に優しいイメージを受け取りました。よって、それを視聴者の方々にも感じ取ってもらえるようなMVを意識しました。 感覚的に伝わっていれば幸いです。

f:id:ngkz:20180331011032p:plain

ScandalasはMV公開のタイミングと新曲お披露目のタイミングが同時でしたが、本作は既に昨年発表済みの楽曲であるため「私が聴いていた時のイメージと違う」という事態が、少なからず生じてしまうと考えて恐れていました。しかしながら、そこはあえてブレーキをかけず、私個人が良いと思ったものを、素直に、そのとおりに反映させました。

f:id:ngkz:20180331011202p:plain

ちなみに分かる人は一目見れば分かるかもしれませんが、娘のモチーフは苺ましまろ伊藤千佳ちゃんです。(連載当初は同年代だったのに今や娘扱いとは。)

 

 f:id:ngkz:20180331010555p:plain 実作業について

作業の実働は2ヶ月ほどでした。前作Scandalasが実働5日間だったので単純計算12倍です。とにかく作画の作業は膨大な時間がかかります。画力の問題もありますが、リリックビデオとは根本的に作業量が違いすぎます。

自ら素材を作画するメリットは「イメージ通りの素材を生成できること」と「オリジナリティを出しやすいこと」だと思います。しかしながら、それは膨大な時間と気力を引き換えになってしまいました。もっと早く、もっと上手に描けるよう精進しなければなりません。 

f:id:ngkz:20180328181101j:image

少しでも画力不足をカバーするためにも、安いラケットなんかを買って実際に自分で振ってみたりもしながら、ポーズを考えて作画しました。ともかく全てにおいて試行錯誤を繰り返しました。

 

 また、実は昨年の初冬に作業環境を刷新しており、本作はその環境で本格的に製作を行った初めての作品となります。具体的には「クリップスタジオの導入」「液晶タブレットでの作画」などが初の試みです。本作を通して使い方を習得できたように思います。

f:id:ngkz:20180328175637j:image

 

 

f:id:ngkz:20180331010555p:plain まとめ 作ってみた感想

大前提として、もっと精進せねばならぬと思いました。

同じようなものばかり作っていても仕方ないので、新しいことにどんどんチャレンジするのですが、不慣れなことを進んでやるとなると、どうしても試行錯誤が増えてクオリティも安定しません。精進あるのみです。

f:id:ngkz:20180331011152p:plain

 

ともあれ全力を尽くしたことだけは確かなので、少しでもこの楽曲に華を添えられていたら、こんなに嬉しいことはございません。ご視聴ありがとうございました。